ハッピーな出産というゴールに到着するための知識

不妊治療の費用

産婦人科でお得に不妊治療を受けるための方法

日本では少子化が大きな社会問題になっています。国は不妊治療を受けている人に対して金銭面でのサポートを行っていますので、金銭面での負担を軽減して産婦人科で不妊治療を受けることができます。 不妊治療のうち、医師が指導を行っているタイミング療法は、健康保険証を使った保険診療が受けられます。超音波検査も毎月1回までは保険診療で検査が受けられます。排卵誘発剤を使用する場合には、1回あたり1000円程度の費用がかかります。 自治体では不妊治療助成を行っており、保険診療が受けられない産婦人科での不妊治療に対して補助金が支給されます。補助金を受け取ることによって、産婦人科での不妊治療の費用を軽減させることができます。

不妊治療の平均的な費用

産婦人科で実施されている不妊治療は、保険適用になるものと、自費診療になるものがあります。保険診療が受けられる不妊治療は、3割負担の格安な料金で治療が受けられます。 保険診療の対象になるタイミング療法の金額は、1回あたり2000円程度で受けられます。保険対象外の薬を使用する場合などは、20000円程度の費用がかかる場合があります。 産婦人科で行われている不妊治療のうち体外受精は、保険診療の対象外になるため、50万円前後の費用が必要になります。治療費が高額になるため、自治体では治療費の補助を行っています。助成金が受け取れる不妊治療は、体外受精と顕微受精になります。補助金は1回あたり15万円程度の金額が支給されます。

Copyright© 2015 ハッピーな出産というゴールに到着するための知識 All Rights Reserved.